立命館大学(産業社会学部)、龍谷大学☆合格☆秋山 真宝子

入塾のきっかけ

高校に入学して、勉強についていけなくなり、勉強法を探しているときに、書店で大逆転勉強法に出会いました。

本を読む度に、不思議とやる気が出てきました。

何度も読んだのは、最後の伝説の受験生のところです。


自分ももしかしたら出来るようになるかもしれないと思い、ワクワクするのです。

現役で受かっている大学はありましたが、どうしても、ミスターステップアップで勉強したくて、親に頼み込んで、入塾することができました。

 

勉強面で良かったこと

現役の時は、英単語の暗記を避けていました。

しかし、浪人を始める際に、先生に計画を立ててもらい、英単語の暗記は必須だと思いました。

覚え切る覚悟を決め、必死に暗記しました。


初級は見覚えのある単語が多く、順調に進みましたが、中級、上級に進むにつれて、暗記し辛くなり、覚えるのに苦労しました。

しかしやると決めたことなので、何度も声に出し、できる限り毎日続けました。

12月頃、過去問を解くときに、長文が読みやすくなっていることに気が付きました。


去年は単語に躓いていましたが、単語の暗記量が増えたことで、長文への抵抗感が無くなりました。

過去問を解いても、正答率が上がり、本番で合格点を取ることができました。

 

よなさんの解くところ見て感覚を高めた

私は英語や国語の長文のポイントを掴むのが苦手でした。


そこで、勉強会でよなさんの過去問を解くところを、実際に見せてもらい、目の付け所がわかり、偏差値の高い人がどのように解くのかわかり、感覚が一気に高まりました。

私はその時の感覚をいつも再現できるように、チェックリストを作りました。

過去問演習する前に、よなさんから教わったことを確認してから解くことで、少しずつ出来るようになりました。

日本史を学びたくなった安田先生の勉強会

私は文転したので、日本史は0からスタートしました。

一問一答で言葉を覚えても、流れが全くわかりませんでした。


しかし、安田先生が飛鳥時代から平成まで、映像とともに説明して下さったことで、知識が繋がり、関係がわかってきました。

日本のことに興味が湧き、もっと学びたいと思いました。

武田先生のように物知りになりたい!

武田先生(やっし)との思い出の中で、1番印象に残っていることは、一緒に新聞やニュートンを読んだことです。

特に星の話が好きで、やっしに解説してもらうのが楽しかったです。

受験勉強とは直接関係ありませんが、やっしのように、知識を増やしたいと思うようになりました。

弓場さんの指導で咀嚼力がついた

現代文の過去問研究の仕方を教わりました。

解答の根拠はどこなのか、 間違いの選択肢はどう作られているのか、 なぜ間違えて、どう考えたら解けたのか、 を一題一題、丁寧に研究するようにしました。

何題か研究するうちに、正答率が高まり、時間も短縮して解けるようになりました。


例えば過去問を解いても、教わる前は7割弱でしたが、教わった後は3回連続で満点を取れました。

おかげで本番でも役立ちました。

大学生 後期の立命館大学の入試前に、現代文を教わり、高い感覚に触れたことで、文章の咀嚼力(そしゃくりょく)がついたと思います。


一緒に過去問を解いてもらった時、「一段落を読むだけで、ここまで文章を予測できるのか!」と驚きました。

感覚を真似し、本番に臨みました。

大好きなティータイム

毎朝8時40分くらいに、おむすび、ラスク、紅茶を塾に持ってきて下さって、みんなで食べるこの時間が大好きでした。

眠くてもティータイムがあるから起きようと思って、塾に行くモチベーションになっていました。


勉強のやる気がない日もとりあえずティータイムには参加していました。

「ここにいたら大丈夫」そんな安心感がありました。

ウォーキングでリフレッシュ

普段なかなか体を動かすことがないので、ウォーキングの会には積極的に参加していました。

スタッフの方から教わった、オリジナルの体操を行うことで、首が楽になりました。

おかげで勉強しやすくなりました。

食事に癒され、スタッフから元気をもらった

食事は私の癒しの時間でした。特に好きなのはトーストとパスタです。

食べたら悩みが吹っ飛ぶほどのおいしさでした。

またスタッフの話を聞くのが好きで、ワクワクしながら食堂に向かっていました。

塾のスタッフ以外の人とも相席になり、一緒に食べることもよくありました。

そんなときに声をかけてもらうと、応援してくれている気持ちを感じて、すごく励みになりました。

2/16(火)のランチはニトリトーストでした ※売切れやご提供のタイミングによっては、別メニューをご案内することもありますのでご了承くださいませ...

「本気になれ!」のメッセージに火が点いて…

モチベーションアップの会は、私にとって先生方のエネルギーを頂く不可欠な時間でした。

特に響いた言葉は「人生は解釈で決まる」です。

初めて聞いた時は、よくわかりませんでした。

でも入試が始まってから、この言葉に救われました。 実は私は前期で全落ちしました。


これまでの私だったら、投げ出していたと思います。

でもこの時にこの言葉を思い出し、目が覚めました。 前期試験までは、勉強から逃げてばかりで、全然本気ではなかったのです。

そのことに、気付かされ、前期全落ちは「本気になれ」というメッセージだと解釈しました。


こんな絶望的な状況でも、スタッフの方が凄く応援してくださるので、「ここで逃げるわけにはいかない。

少しでもお返ししたい。と腹を決めました。

おかげで最後まで駆け抜けることが出来ました。

今となっては中途で受からず、本気になれるチャンスを与えてもらったと感謝の気持ちすらあります。


「人生は解釈で決まる」という言葉を実感しました。

今後、どんなことが起ころうとも、自分に必要なメッセージであると、前向きに捉えていきたいです。

ミスターステップアップで浪人したから、今の自分があり、自分の生き方が誇らしいと思えるよう、学び続けていきたいです。

多くの愛情を注いで下さった先生方、スタッフの方に、そして両親に心から感謝します。 ありがとうございました。