大阪大学(外国語学部)合格「1日3時間しか勉強できなかった私が、大自然の中で人生大逆転!」重松そら【綾部レポ付き】

私はもともと、集中力が無く、1日に3時間しか勉強できませんでした。

 

必死に机に向かって教科書を開けるも、途中で頭がボーっとしてしまい、気がついたら夜になっているのです。

 

「あれ・・・今日、私、何やったんだっけ・・・?」

 

と振り返ってみたら、たったこれだけしか進んでいないのか!と、あまりの集中力の無さに絶望する毎日でした。

 

毎日長時間勉強できる人が羨ましいなぁ、

どんどん差が付いてしまうなぁ、

私もあんな風に、濃い1日を送ることができたらなぁ、

そんなことをずっと思っていました。

 

そんな私の人生を大きく変えたのが、この塾で年に3回やる「京都綾部の合宿」です。

最初見たときは驚きました。

 

こんなすごい施設を、

「いつでも合宿ができるように、イチから作った」

のだそうです。

 

しかも、周辺に農地を沢山所有していて、

色んな食材を現地で調達して、食べることができるのです。

 

ここで、年に3回、

春合宿(2泊3日)・夏合宿(3泊4日)・秋合宿(4泊5日)が行われます。

 

春合宿では、

 

「とにかく、ゆったり過ごして欲しい」

 

と言われました。

 

皆で、大自然の中でのんびりと過ごしながら、

色んな場所で勉強します。

都会での喧騒を忘れて、

心がどんどん落ち着いていくのを感じます。

 

ゆったり過ごしているはずなのに、

今までよりも勉強が捗るのです。

 

一生懸命、机に向かって、やっと3時間しか集中が持たなかったのに、

いつの間にか、ずっと勉強していることに気が付きました。

 

夕方には、気分転換にウォーキングしたりもしました。

風が本当に気持ち良くて、疲れも吹き飛んで、

そのあとさらに勉強ができました!

 

いっつも、

 

「少しでも長い時間勉強しなきゃ!」

 

と焦っていて、結局全然捗らなかったのに、

こんなにのんびり過ごしているのに、

今までで一番勉強が捗って、さらに元気になっていったのです。

 

そして、夜は、皆で焚き火をしました。

日本でNo.1の英語の達人と言われる、

松本道弘先生も来て下さって、一緒に語り合うことができて、

本当に夢のような時間でした。

 

火を見ていると、だんだん頭がぼーっとしてきて、

ふわふわと気持ちよくなってきます。

 

そして、皆、思い思いに、

自分の心の内を話すようになりました。

 

ある人は、

 

「今まで恥ずかしくて言えなかったけど、

 俺、こんな夢があるんだよね。」

 

と言い出して、

 

皆で「良いじゃん〜!!」と言ったり、

 

またある人は、

 

「実は、ずっと隠してたんだけど、こんな悩みがあって・・」

 

と言い出しました。

 

それを聞いて先生は、

 

「ここでは、大自然の中で、身体がゆるむから、

 今まで抑え込んでいて、言えなかったことが、どんどん出てくると思う。

 皆、過去に嫌な経験だったり、

 ずっと言えずに苦しかったこととかあるだろうけど、

 全部、この火で、燃やし尽くそう。」

 

と言って下さり、それぞれが、思い思いに、語り合いました。

 

焚き火の間は、私はぼーっと聞いているだけでしたが、

 

「あぁ、なんか、先生になら、私の悩んでいることを

 相談できる気がする・・・!」

 

って思いました。

 

なので私は、焚き火が終わって施設に戻った時、

先生のところに行って、

自分がずっと集中力が無くて悩んでいたけど、

誰にも相談できなかったことを、コッソリと告白しました。

 

すると、先生から、驚きの言葉が返ってきました。

 

「君は、今年1年は、愛され上手になろう。」

 

私は思わず、「えっ?!」って言ってしまいました。

 

すると、先生は、ニコッと笑って、優しく語りかけてくれました。

 

「君はいつも、まわりの目を気にして生きているね。

 本当は、悩んでることとか、思っていることを全部話したいと思っているのに、

 先生にも、他のスタッフにも言えずに溜め込んでいる。

 だけど、ずっとそれを心のどこかで考えているから、

 勉強に100%集中できていないんだ。」

 

先生に言われたことが、あまりに私の思っていることをドンピシャだったので、

思わず涙目になって、ウンウンと頷いている自分がいました。

 

そして先生は続けます。

 

「愛され上手って何か分かるかい?

 それは決して、言いたいことを我慢して、良い子を演じることではない。

 そうではなく、自分の弱いところも素直にさらけ出せる人のことだ。

 ここにいる人は、全てを受け入れてくれる。

 だから安心して、もっと肩の力を抜いて良いんだよ。」

 

それを言われた時、

私の肩に乗っかっていた重たい何かが、

スーッと消えていくような気がしました。

 

自分は、もっとありのままでいて良いんだ。

そう思った時、安心感で満たされて、

頭の中にあったモヤモヤが消えたのです。

 

私は、庭に出てみました。

 

風が気持ち良くて、そして上を見ると、

満天の星空が広がっています。

 

 

「なんか、私、変われる気がする・・・!!」

 

そんなことを、心の中で思っていました。

 

朝になると、皆で卵かけごはんを食べます。

これが本当に美味しくて、綾部の綺麗な水と、土鍋を使って炊いたごはんが、

体に染みわたるのです。

 

私は思わず、

 

「美味しい〜!!」

 

と叫んでしまいました(笑)

 

普段、こんなこと言わないキャラだったので、先生から、

 

「良い表情になってきたね!」

 

と言われて、照れ笑いをしていたのを覚えています。

 

皆も、幸せそうな顔で食べているのを見て、

ほっこりしました。

 

こうして、春の綾部合宿は終了です。

 

それからというもの、

私は、何か悩んでいることがあったら、

すぐに先生に相談するようにしました。

 

子供の頃から、悩んでいることを誰にも相談できず、

 

「こんなしょうもないこと聞いたら、嫌われるんじゃないか?」

 

とか思っていたけど、

先生はいつも、あたたかく受け入れて下さいます。

 

そして、驚くほど集中力が上がりました。

 

今まで勉強に集中できなかったのは、

 

「常にまわりの人の目を気にしていたから」

 

だったのです。

 

本当に頭が冴え渡って、1日の勉強時間もどんどん増えていったのです。

 

春は「ゆったりする」合宿でしたが、

夏、秋にやる合宿は違います。

 

こっちは、

 

「自分の限界に挑戦する」

 

というもので、

1日2〜3時間睡眠で、

それ以外の時間はひたすら勉強します。

 

もともと私は、1日に6〜7時間寝ないと頭が働かなかったのですが、

不思議と、綾部の合宿所では、その半分の睡眠時間でも、元気だったのです。

 

寝る時は、特殊な加工がされた布団で寝て、

信じられないくらい熟睡できます。

 

さらに、綾部の綺麗な水を使った大浴場もあり、

そこでゆったりして、疲れが吹き飛びます。

 

夜は、先生がモチベーションを高めるような話をしてくれて、

皆のやる気も絶好調!

 

今まで、1日3時間しか勉強できなかった私が、

12時間、15時間、とどんどん勉強時間が増えていくのです。

 

そして、不思議なことに、

一度自分の限界を超えてみたら、

 

「あれ?案外、いけるもんだな」

 

って思うようになって、

合宿が終わった後も、

1日10時間くらいは普通に勉強できるようになったのです。

 

私は、合宿の時、先生が話してくれたことを、今でも覚えています。

 

「人は、自分で勝手に限界を作ってしまっている。

 だから、1回で良いから、とにかく限界をとことん超えて、

 突き抜ける経験をしてみたら良い。

 それだけで、壁が壊れて、見ている世界は変わるから。」

 

これは、本当にその通りだなと実感しました。

 

合宿で大きく変わった私は、そのまま受験まで走りきって、

念願だった大阪大学に合格しました。

 

もし、私が普通に生きていたら、

きっと、ずっとまわりの人の目を気にしながら

生きていたと思います。

 

それは、大学に入っても、社会人になってもそう。

 

だけど、自分の心の中の雑念を、全て炎で燃やし尽くして、

あの大自然の中で、満天の星空と1つになったような経験をして、

それから、自分を無にして、勉強と一体となることができた。

 

そして、さらに、自分の限界を超える体験をして、

突き抜けることができました。

 

この塾に入って良かったと、心から思います。

 

単に勉強ができるようになったというだけでなく、

人生で大切なことを、沢山教わりました。

 

この経験は、大学に入ってからも、決して忘れません。

 

先生方、スタッフの皆さん、

そして離れていても応援してくれていた両親、

全てに感謝して、めいっぱい、大学生活を楽しみ、

そして学びを続けていこうと思います。

 

本当に、ありがとうございました!