関西学院大学合格(経済・教育・文学部)大塩 哲平

「関西学院大学」と「龍谷大学」に合格。

進学する大学は関西学院大学の教育学部です。

教育学部の第一志望を目指して!

受験したきっかけは教師が将来の夢で教える側が無知では話にならないし、受験してベストの勉強法を発見したかったからです。

関学の教育学部は学びも実習することも自分に合っていたから第一志望でした。

 

高校時代、受験のことはなんとなく

高校時代は学校内では常に上位をキープし、部活もそれなりに上手くいっていましたが、大学のことは全く考えず、現役のときはなんとなく国立を受けて見事に惨敗。

これではいけないと思い、受験勉強を真剣にやり直そうと決意しました。

 

「受験のことを知り尽くした」雰囲気を感じる

この塾を知ったきっかけは、与那嶺先生のYouTubeです。とくに与那嶺先生は他の教育系YouTuberとは違い、「受験のことを知り尽くした」雰囲気があったのを視聴した時に感じました。

 

スクーリングで印象に残ったこと

スクーリングに最初来た時塾生が、ひたむきに「音読」していたことが一番印象に残っています。

また、一番苦労したことはメンタルケアも改善のキッカケをもらえました。僕を含めて受験を経験した人は

「受験はメンタルが命」

といっても過言ではないと思っている人が多いです。その部分を先生たちが徹底サポートしてくれて受験に負けないメンタルを作ってくれたのは大きいです。

 

スクーリング経験から感じたこと

英国数は積み重ね科目なので基礎をしっかり定着させることがポイントだったと感じています。

僕の場合は理社は日本史、現社、生物and化学基礎だったんですけど、センターとかで頻出のところを完璧にすることが優先です。

僕は宅浪でスクーリングを通しての短い期間の関わりでしたが、

先生、生徒が勉強に対してすごくひたむきになっていて、すごく充実した生活が送れるのではないかなと思います。これからの塾生さんFIGHTです!