こんにちは。

ミスターステップアップの与那嶺です。

今回、8月20日(月)に東京で秋から偏差値を20UPさせて
逆転合格する
ための勉強法講習会を開催することにしました。

「いや、秋から偏差値20UPなんて無理でしょ…」
と思った方もいるかもしれませんが、


ミスターステップアップでは

・浪人の10月に入塾したにも関わらず
たった3ヶ月の勉強で大阪大学に
奇跡の逆転合格を果たした榧くん

・12月に受けた模試では
神戸大学E判定だったにも関わらず
 1月のセンター試験では8割をとり、
逆転合格した川嶋くん

など、毎年当たり前のように
多くの受験生が秋から偏差値を伸ばし
逆転合格を果たしてきました。


夏休みも、残り1ヶ月となり、現役生にとっては
本当に勉強にだけ集中できる時期というのは
残りわずかだと思います。
また、浪人生にとっても
夏休みで一気に現役生が成績をあげて
焦りや不安を感じている頃なのではないでしょうか。

直前期が近づき、メンタルがブレやすくなってくる
これからの時期だからこそ
どういった勉強をしていくかのが勝敗のカギを握ります。


多くの受験生は不安や焦りを感じたとき、
不安に感じていることを紙に書き出してみたり
不安を消すために音楽を聞いたりなど
自分一人でその不安をどうにかしようとかします。

しかし、自分一人でどうにかしようとすればするほど
不安や焦りは自分の中で大きくなっていき
より勉強に集中できなくなってしまうことがあるんですよね。

不安や焦りを感じたとき、大事になってくるのが

・誰といっしょにいるのか
・どんな環境に身を置いているのか

ということなんです。


「東京の白金で講習会をする」と聞いて

正直、
「東京まで行くの遠いしな、時間かかるな…」
と思う受験生もいるかもしれませんが、

『勉強の時間を削ってまで、わざわざ会場に来る』
そこに意味があると思っています。

その場に参加し、
その空気感からエネルギーをもらい、
実際に会って喋る

そこに意味があるんです。

だからこそ、わざわざ会場まで会いにきて欲しいし

映像やメルマガだけでは伝えきれない
空気感や熱量を受け取って
9月以降の勉強の原動力にして欲しい!

そう思っています。


今回の講習会では、今からどう勉強すれば
他の受験生に差をつけることができ、
そして、逆転合格することができるのか、

ぼくの持てる全てを余すことなく、
お伝えしようと思っています。

このページの内容を知っているだけでも
これからの過ごし方が大きく違ってくると思いますし、
大変価値のある内容となっています。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

講習会の内容

第1部

逆転合格する秋からの受験戦略とは?


毎年、「今から偏差値を上げるにはどうしたら良いですか?」と多くの受験生から聞かれます。

ぼくのところに相談に来る彼ら、彼女らの多くが
通っている学校の先生や大手予備校で、

「この英語の授業を受けたらいいよ」と言われたり
「このテキストを使ったらいいよ」と教材を手渡されたりと

どのアドバイスを信じて良いのか、
わからなくなってしまっています。

大事なことは
オススメされた授業を受けるにしろ、
手渡されたテキストを進めるにしろ、

その勉強が『戦略から逆算されたものであるか』ということです。

ぼくから見れば、受験生の多くが

  • 今の自分が志望校まで、
    どれくらい学力が足りないのか
  • 何を勉強すればいいのか
  • そして、勉強時間の配分はどれくらいなのか

正直、全く分かっていません。

『孫氏の兵法』で有名な孫氏の言葉に
「敵を知り、己を知れば、百戦して危うからず」
という言葉があるように

相手のことを知らずに受験で勝つことなんてできません。
では、相手である志望校の傾向を知り、
自分の現状学力を見つめ
最短最速の勉強計画を立てるにはどうしたらいいか。

それは、徹底的に

『過去問の研究』

することです。

おそらく、『過去問の研究が大事』ということは
これまでぼくがYouTubeで話してきたことでもありますし
一般的に知られていることだと思います。

しかし、ほとんどの受験生は
単に過去問の研究をするといっても

  • ・いつから始めたらいいのか
  • ・どのぐらい過去問の研究に
    時間をかけてもいいのか
  • ・そもそも、自分は過去問の
    研究をするレベルまで達しているのか
  • ・具体的な研究の方法はどうやってするのか

といった具体的なところまでは、わかっていません。

箸には箸の正しい持ち方
ナイフにはナイフの正しい使い方があるように
過去問にもを過去問を最大限に活かすための
正しい使い方があります。

今回の講習会では、過去問の研究方法を通して

  • ・どんな対策をしたらいいのか
  • ・どう計画を立てたらいいのか
  • ・どう勉強すればいいのか
  • ・反復はどれくらいすればいいのか

徹底的に解説します。

第2部

圧倒的に偏差値を伸ばす「超高速復習法」


ここで、去年の講習会の参加者で
秋から爆発的に偏差値を伸ばした受験生を紹介したいと思います。

首都大学東京に合格したやよいちゃんです。
やよいちゃんは英語、国語、世界史受験でしたが
世界史を始めたのがなんと12月からでした。
「今からでも世界史の勉強、間に合いますか?」
と不安そうに相談されたのを今でも覚えています。

「間に合うよ。」

そう伝えて、ぼくがやよいちゃんに教えたのが
『B4白紙法』という勉強法でした。
そこからのやよいちゃんの快進撃は
すさまじいものでした。

『センター試験へのを道』という薄い基礎問題集を
一冊完ぺきにし、
そのあと、過去問を18年分やりこんで

覚えていない知識をB4の1枚の紙にまとめて、
なんども何度も反復していました。



そして、迎えたセンター試験本番。
覚えるだけの知識を無駄なく覚えたやよいちゃんは
なんとセンター試験本番で98点をとりました。
下のメールは実際にやよいちゃんがぼくに送って来てくれたメールです。

「こんなに効果があるなんて…」
と自分でも驚くほどの結果でした。

実はこの方法、
ぼくからするとあたり前の結果なんですよね。


なぜなら、ミスターステップアップの創始者である
南極老人が化学で全国1位をとったときの勉強法だからです。

※ちなみに、南極老人の教え子も
この方法で全国1位をとっています。

お世辞抜きに、この勉強法を忠実に実践してくれれば
100%成績は上がると言えるでしょう。

ぜひ、実際に参加してみて
この勉強法の威力を体感してみてください。

第3部

秋以降の受験生に必要不可欠なメンタル術とは?


直前期になればなるほど

  • 「勉強のやる気がでない…」
  • 「志望大学に合格できるのか不安…」
  • 「焦ってしまって勉強が手につかない …」

といった声をよく耳にします。

秋からの時期は模試の結果が返ってきたり
過去問を解き始めたり、周りの受験生が推薦入試などで合格していく姿を見ると

「自分は本当に合格できるのだろうか…」
と不安な気持ちが湧いてきてしまいます。

やはり、どんなに完ぺきな戦略や
勉強法を知っていたとしても
それを支えるメンタルがないと
ハッキリ言って意味がありません。

9月が過ぎ...
秋風がふき始めると、急激な不安に襲われます。

  • 「自分は本当に合格できるのだろうか…」
  • 「この勉強法で合っているのかな…」
  • 「周りの受験生が気になる…」

といった雑念が頭をよぎります。

秋からの受験生の特徴として
そういった不安が出てきたときに

新しい参考書を買い求めたり、他の受験生とつるんだり
異性と恋愛してしまったりなど
勉強以外の何かで埋めようとする傾向にあるんですよね。

たとえどんなに新しい参考書を揃えたとしても
どんなに他の受験生と話したとしても

勉強の不安は勉強でしか、消すことはできません。

特に受験期の恋愛は、仮想疑似(かそうぎじ)恋愛とも言われていて
受験のドキドキと恋愛のドキドキを脳が勘違いし
自分の近くにいる異性を好きになってしまうという傾向があります。
入試が終わり、受験の緊張感から解放されると

「あれ?なんで好きだったんだっけ?」

と急に相手に冷めてしまうなんてことはよくある話です。
そんな受験生がブレやすい時期だからこそ
勉強に没入没頭(ぼつにゅうぼっとう)することで
他の受験生と圧倒的な差をつけることができます。


3ヶ月で京大D判定からA判定?


ミスターステップアップの講師である弓場汐莉さんも
秋から調子を上げて逆転合格した人の1人です。

浪人の8月に受けた京大のオープン模試では
最低評価のD判定でした。
普通の受験生なら、
ここでゲームオーバーでしょう。

でも、弓場さんは違いました。

「ここで”D判定”が出たってことは、
大逆転のシナリオ通りだ!」

と、むしろ心の中でも、
ガッツポーズをしていたそうです。

でも、現実は現実。
必死になって勉強しなければ、
合格なんてできるはずもありません。

そこから弓場さんは、どんなに心が折れそうなときでも
勉強がうまくいかず涙が止まらなかった日も
机にしがみつき
必死になって勉強を続けました。
そして、迎えた3ヶ月後の京大模試。

その模試で見事A判定をとり、
その調子のまま勉強を続け、
京都大学に奇跡の逆転合格を果たしました。

受験生のあなたは勘違いしているかもしれませんが
不安は一概に悪いものというわけではありません。
むしろ、自分自身が本番に向けて
準備しようとしている証拠でもあります。

ただそうはいっても、不安との向き合い方、付き合い方があります。

・直前期にどうすればブレずに本番発揮率を高めることができるのか
・不安や焦りが出てきたときはどう対処したらいいか

…などなど、
直前期に向けたメンタル作りについて
今回はお伝えしようと思っています。

受験の前半戦がうまく行かず、
今から何がなんでも逆転合格したいという受験生

逆に、今まで盤石と進めてきた勉強を
さらに加速させたいという受験生には

ぜひともオススメしたい内容です。

当日、あなたにお会いできることを
心から楽しみにしています。

与那嶺隆之

1Dayプログラム詳細

日程 8月20日(月)
時間 12:30 開場
13:00 講習会開始
17:00 講習会終了、懇親会開始
19:00 懇親会終了
場所 〒108-0072 東京都港区白金1丁目29-13 B1F
※詳しくは、下記に記載しております。
料金 3,240円(税込)
※1人あたりの料金となります。同伴される場合、人数分の料金を頂戴いたします。
定員 30名(定員に達し次第フォームが閉じられます)
支払い方法 当日現金払いのみ
持ち物 筆記用具、ノート


入塾説明会について

講習会の後半に、受験に合格するために必要な戦略や勉強法を具体的に説明しながら、現在ミスターステップアップの運営している通信コースについての説明もさせていただきます。

現在、僕が担当しているミスターステップアップ通信コース「Unlimited Express」では、受験生に「計画」「勉強法」「モチベーション」の観点から、戦略的な勉強をしてもらっています。

「通信コースの募集はしていないのですか?」というお問い合わせを頂くことも増えてきましたので、この説明会の時間で、指導理念や勉強システムについて解説させて頂きます。

入塾説明会の様子

懇親会について

また、講習会のあとは、会場すぐ近くの喫茶店「teas uniwa」で懇親会を行います。

懇親会では、受験生ひとりひとのお悩み・ご質問に回答したり、受験勉強の話だけじゃなく、大学の話、仕事の話、これからの世の中の動きなど、さまざまな話をしています。

美味しいお茶やコーヒーを飲みながら受験について語り合うことで、モチベーションが上がる!と評判の懇親会なので、ぜひご参加くださいね。

懇親会の様子

講師プロフィール


与那嶺隆之(よなみねたかゆき)

与那嶺隆之のプロフィール画像

初めて受けた模試の偏差値は38。その後勉強法を研究し、4ヶ月で偏差値を70まで伸ばす。自宅浪人で早稲田大学に合格。

大学に通いながら勉強法のブログを書き始め、半年後には月70万PVを誇る大人気ブログに。その後、在学中に学習塾を立ち上げ、半年後に年商1億円企業を創り上げる。塾からは医学部や難関大学合格者を続出させる。

予備校や学習塾のアドバイザーとしての活動もおこない、学習法や効率の良い受験指導の普及に努めている。

「最高の教育とはなにか?」道を追い求めた先に、南極老人と奇跡的な出会いを果たす

南極老人が創り上げた塾の理念や勉強法を多くの受験生に広めるため、現在は通信コースを担当し、インターネットを駆使して大逆転勉強法、限界突破勉強法を受験生に伝えている。