京都大学(農学部)合格「音読で共通テスト英語満点!」長瀬優斗・通信生

僕にとっての最後の切り札

僕は現役時代は東京大学を受験しましたが、直前期にメンタルが折れてしまって、

「今さら勉強してもムダだろ・・・」

と試験を受ける前に諦めてしまいました。

浪人するときに、以前から読んでいた『E判定からの大逆転勉強法』を思い出し、ミスターステップアップに通信コースがあることを知りました。

「これなら自分のメンタルも克服できるかもしれない」

と思い、大手予備校にも通いながら、通信コースを併用することにしました。

 

音読で共通テスト英語満点!!

『大逆転勉強法』の中でもっとも効果を発揮したのは英語の音読です。


それまで僕は音読をしたことがなく、センター英語は120点くらいだったのですが、1ヶ月音読をひたすらに続けた結果、なんとマーク模試で188点取るほど読解力が伸びました。

今年の共通テスト英語のリーディングも100/100で満点。

時間も余裕を持って解くことが出来たのは音読のおかげです。

 

反復の威力を知り、共通テスト数学で9割超え!

僕の現役時代の失敗原因は「基礎をないがしろにしたこと」です。

僕は佐賀でも上位の進学校に通っていたのですが、それまでの勉強で「基礎を何度も反復する」という勉強をしたことがなく、点数はいつもアップダウンが激しかったです。

取れるときは取れるけど、自分の苦手分野が出題されると手も足も出ない、という事がよくありました。

通信コースに入ってからは、毎日送られるラジオの中で

  • 「基礎をいかに固めるか?」
  • 「効率の良い反復の仕方」

といったテーマを何度も聞いていたおかげで、

「もっと難しい勉強をしたいな」と思うこともありましたが、その誘惑を断ち切り、

自分の予備校のテキストを20回30回と反復するようにしました。

問題番号を聞いたら、どんな問題だったか鮮明に頭に思い浮かぶくらい徹底的にやり込みました。

何度も何度も同じ問題集を反復するのはとても大変でしたが、おかげで、去年は試験本番で失敗したセンター試験(今年は共通テスト)の数学で

  • 数学1A→90
  • 数学2B→94

と、自己最高点を取ることができました。これは、ボロボロになるまで反復したテキスト(バイブル本)のおかげです。

モチベーションアップラジオで毎日猛勉強!

通信コースで一番良かったのは毎日のラジオです。

通信では朝10分、夜20〜30分のラジオ音声が届くのですが、

僕は予備校に通う通学時間や勉強の休憩時間にラジオを毎日聞くのがこの1年の習慣になっていました。

さっきまでヤル気がなくなっていたり、

「今日はサボろうかな・・・」と思ってしまうときでも、

ラジオを聞くと不思議とモチベーションが湧いてきて、

「あともう少しやるぞ!」という気持ちになってきます。

 

共通テスト当日で僕を救ってくれたラジオ

特に個人的に一番印象に残っているのが、

共通テスト当日の朝に配信されたラジオです。

このラジオでは、共通テストに向かう途中から、試験の休憩時間にどう過ごしたらいいのか?を語ってくれていて、朝から緊張しながら会場に向かう僕はとてもリラックスすることができました。

そして、ラジオの最後で、弓場先生が「今日は、試験を受けて帰ってくるだけで、満点だよ!」と言ってくれました。

浪人して、「今年こそ結果を出さないと・・・」とプレッシャーで緊張していた僕は、この言葉を聞いて、とても安心しました。

国語の試験で、古文が読めなくて「やばい・・・」となりかけたのですが、この弓場先生の言葉を思い出して、切り替えて英語の試験を受けることが出来ました。

結果的に国語は159点で、自分が思ったよりも悪くなくて良かったのですが、自分の手応えでは「もうダメだ。おれの浪人生活終わった。京大に出せない」とさえ思っていたので(笑)

本当に受験は心理戦だと思いました。

 

予備校に通ってる人でも効果10倍!通信コースのオススメ活用法

僕は予備校に通っていたので、通信コースの勉強コンテンツはあえて使わず、ラジオを中心に活用し、テキストは予備校のものに絞って勉強しました。

中途半端にせずに、テキストだけに集中したのは良かったと思います。

【※補足】通信コースは予備校や他の映像授業サービスとの併用が可能です。

 

通信コースのすごさはやっぱり「心理戦」に打ち克つ知恵を学ぶことができることだと思います。

 

僕と同じ高校出身の子で、めちゃめちゃ頭の良い友だちがいました。成績はつねにトップクラスで、受ける模試もすべてA判定。誰もが「こいつは受かるだろう」と思っていました。

しかし、こないだその子の結果がどうだったか聞くと、なんと東京大に0.2点で落ちてしまったそうです。原因は共通テストのマークミス。そこから来るメンタルの不調でした。

通信コースのラジオでも度々「A判定でも心理戦で負けたら不合格になってしまう」受験生の事例をたくさん聞いていましたが、本当にそうなんだと改めて実感しました。

 

最後に

通信コースは、学校に通っている人でも、予備校に通っている人でもどんな人でもオススメです。

受験は、勉強法も大切ですが、それ以上に「心理戦(メンタル)」が重要だからです。僕はこの1年の浪人でそのことを強く痛感しました。

この文章を読んでいる受験生のあなたも、もし、勉強法や受験のことで悩んでいるなら、ミスターステップアップ通信コースのラジオを強くおすすめします。

メンタルが強くなるためのヒントが得られると思いますよ。