成績が良くても不合格になる理由
大逆転勉強法ブログ

自学自習で東大・京大・医学部・早慶上智・関関同立に合格する勉強法を解説

LINE@で無料相談受付中!

友達追加して、無料で受験の相談をしよう!詳しくはこちらをクリック!

成績が良くても不合格になる理由

2015年12月11日

2015年12月11日

医学部志望のA君。夏までは南極流勉強法で順調に伸び、全国模試ではA判定(合格可能性80%以上)を獲得。

センター模試でも、得点率87%の好成績で、合格の可能性は十分にありました。

秋風が吹き始めた十月頃、そんな彼に異変がおとずれます。不安、そして恐怖が、彼を襲(おそ)い始めたのです。

原因は、もう、おわかりですね?

そうです。「自分は合格できるのか‥?」と考えてしまったからです。

案(あん)の定(じょう)、成績は瞬(またた)く間(ま)に下がり、目にチカラがなくなり、勉強が手につかなくなりました。

やがて、「おまえは、絶対に合格できない!」と周囲の受験生を罵倒(ばとう)し、当たり散らすようになったのです。

そのことを注意すると、こんどは、彼の目には憎しみのような感情が映っていました。

ここまで来ると、もう手がつけられません。

そしてとうとう、志望大学はおろか、スベリ止めにすら全落ちしてしまったのです。


Copyright © 2019 大学受験塾ミスターステップアップ All rights reserved.