勉強時間が足りないので国公立大学を諦める?
大逆転勉強法ブログ

自学自習で東大・京大・医学部・早慶上智・関関同立に合格する勉強法を解説

LINE@で無料相談受付中!

友達追加して、無料で受験の相談をしよう!詳しくはこちらをクリック!

勉強時間が足りないので国公立大学を諦める?

2015年12月9日

2015年12月9日

時間が足りないから国公立大学を諦める?

勉強時間が足りないので、国公立はあきらめるべきか?

受験は時間との戦いです。

1分1秒とムダにすることはできません。

国公立を受験する場合、5教科7科目必要となります。

1日7時間勉強しても、それぞれ1時間ずつしか勉強できません。

「1時間の勉強で、受験までに間に合うか不安なんです。」

そう思う方もいらっしゃると思います。しかし、時間が少ないという理由だけで私立大学志望に変更していいものか?サッカーを例にとって説明しようと思います。

「今日は雨だから、試合イヤだなぁ」と思う選手がいるとき、監督はかならずこう言います!「おまえらがしんどいと思っている時は、相手もしんどいと思っている時だ!だから、雨の日こそチャンスの日なんだ!」

受験でも同じことが言えます。

受験科目を減らすことによって楽ができます。

しかし、楽をするのはあなただけではないのです。

他の受験生も楽できるのです。

だから、合格しやすくなるわけではないんです。

ただ受験する科目が減っただけなんです。

一方、国公立大学を受験する場合、勉強時間が足りないと言って、どんどん志望校を変える受験生が出てきます。

志望校を変えずにいたら、勝手にライバルは減っていくのです。

志望校を変えずに、グッとこらえさえすればいいのです。

受験勉強をラクにする方法は簡単です。

偏差値の低い大学を受験する。

できるだけ必要な科目が少ない大学を受験する。

この2つのポイントを守れば、かなり楽して大学に合格することができます。

楽をするのは簡単です。

しかし、楽ばかりしていては知恵がつきません。

困難に向き合ってこそ知恵が鍛えられます。

だから、勉強時間が足りないと思ったら、一度じっくり考えてみてください。

受験科目を減らすのではなく、

  • 「どうすればもっと勉強時間を増やせるのか?」
  • 「どうすれば勉強の効率がもっとあがるのか?」
  • 「ムダな時間はないのか?」
  • 「ムラのある勉強をしていないのか?」

これらのことをずっと考えてください。

考え続ければ、知恵があなたを助けてくれます。

知恵があなたの合格を助けてくれます。

受験勉強を通して、知恵を鍛えましょう。


Copyright © 2019 大学受験塾ミスターステップアップ All rights reserved.