入試問題丸呑みのやり方
大逆転勉強法ブログ

自学自習で東大・京大・医学部・早慶上智・関関同立に合格する勉強法を解説

LINE@で無料相談受付中!

友達追加して、無料で受験の相談をしよう!詳しくはこちらをクリック!

入試問題丸呑みのやり方

2015年12月12日

2015年12月12日

 

自力で入試問題に挑戦してください。

入試丸呑みの最初は、今の自分でできるところまで必死に考えます。

その後は、教科書(基礎レベルの参考書でも可)や辞書を参考にしながら、もう一度過去問に挑戦します。

わからないことは調べ、調べたことは、随時ノートに書き込んでいきます。

知らなかったことはコピーしてノートに貼るのもいいでしょう。

どんなに調べても、正解・解説を読んでも、

不完全燃焼の部分(解決されず疑問が残されたままの部分)が出てくるかもしれません。

実はその消化不良の部分が成績UPのための土台となるのです。

なぜなら疑問がたまり、未消化な部分が多い人ほど、「知りたい。わかりたい。」という思いが強くなります。

その思いが吸引力となって、問題を解くために必要な考え方や知識をキャッチできるようになり

スポンジのように吸収できるようになるのです。

自分で限界まで調べきった後は、さらに正解・解説を熟読します。

最終的に入試問題文・正解・解説の一言一句の全ての意味がわかっている状態にします。

問題・正解・解説の中に含まれる、考え方のプロセス(手順・過程・方法)を自力で再現できること。

丸呑みした入試問題については

「センター数学ⅡBの2009年度の大問4のベクトルの問題は…」

「京都大学の英語の2008年度の英作文は…」

と何も見ていなくても語れるようになるぐらい、脳に焼きつけます。

これが入試問題の丸呑みのゴールです。


Copyright © 2019 大学受験塾ミスターステップアップ All rights reserved.